Blueskyの登録方法・使い方まとめ!旧Twitter・Xと比較して代わりになるかも調査!

Blueskyの登録方法・使い方まとめ!旧Twitter・Xと比較して代わりになるかも調査!

元TwitterのCEOが新たに作ったアプリ・Bluesky(ブルースカイ)。

最近になりBlueskyが注目され、登録者が増えているとか。

今回はBlueskyの登録方法や使い方をまとめました。

目次

Blueskyの登録方法・使い方まとめ!

Blueskyの登録方法や使い方については下記で詳しくまとめてみました。

登録方法

Blueskyの登録方法をわかりやすくお伝えしますね。

STEP
アプルをインストールする

アップルストア・グーグルストアでもアプリをダウンロードすることができます。

アプリでの表示はこんな感じ。

STEP
起動して『新しいアカントを作成』を押す
STEP
メールアドレス・パスワード・生年月日を入力し次へ
STEP
電話番号を入力
STEP
SMSにきた認証コードを入力
STEP
ユーザー名を入力
STEP
興味のあることものを選択

ニュースやアート、本など自分が興味があるものを選択してください。

STEP
フォローしたいアカウントを選択かスキップ
STEP
フィード(タイムライン)の表示確認
STEP
メインフィードを選択

チェックして続行を押します。

STEP
興味のあるトピックを選択
STEP
表示・非表示を選択
STEP
準備完了

Let′s go!と押して登録は終わりです。

使い方・機能

次にBlueskyの使い方や機能について紹介します。

STEP
アカウントの表示

アカウントの表示は上記のような感じです。

見た目は旧Twitter・Xに似ているようですね。

STEP
機能について

こちらの旧Twitter・Xを似ており、検索や通知、フィードなどの機能がついています。

STEP
タイムライン画面

タイムラインの画面はこんな感じ。

コメントやハートマークなど旧Twitterでも馴染みのある使用感ですね。

Blueskyは旧Twitter・Xの代わりになるのか比較!

SNS ではBlueskyが旧Twitter・Xの代わりになるのではないかという声があり、話題になっているよう。

Blueskyと旧Twitter・Xを比較してみました。

Bluesky旧Twitter(X)
投稿文字数300文字140文字
投稿可能な画像枚数4枚4枚
DM機能できないできる
ハッシュタグ機能ないある
検索機能ユーザー名
キーワード
ユーザー名
キーワード
ハッシュタグ
投稿後の編集できないできる
ホーム画面カスタマイズできるフォローアカウント
おすすめ表示

Blueskyは投稿文字数が300文字だったり、タイムラインのホーム画面を自分でカスタマイズができるというものがあるようです。

しかし、DM機能や投稿後の編集などはできないようで、旧Twitter・Xよりも機能はシンプルなイメージがありますね。

Blueskyに登録する人が続出中!

SNS でのBlueskyを登録する人が増えているようです。

その背景には今までは招待制でしか登録できなかったのが、2024年2月6日にて招待制が廃止になり気軽に利用することが可能になったからだとか。

Bluesky登録したよー!

よさげだったので、Blueskyを登録してみた

XじゃなくてBluesky登録してみるか!

SNS上ではBlueskyに登録したことを報告している投稿が多く見られているよう。

これからどんどんBlueskyを活用する人が増えるかもしれませんね。

まとめ

Blueskyの登録方法や使い方についてまとめました。

Blueskyは元TwitterのCEOが作っているアプリなため、旧Twitterと似ている部分が多いような気がしますね。

ただし、Blueskyと旧Twitterである現在のXを比較するとそれぞれ機能などが異なる部分も多いです。

2024年2月6日にBlueskyの招待制機能が廃止されたことによって、すべての人たちが利用できるようになりネットでは早くも登録している人が多く見られているよう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次